ミシンについて

ミシンのこと、あまり詳しくないです。なので、ちょっと調べてみました。

ミシンにはいろいろな種類があるようです。
ざっくり分けると

  1. 家庭用ミシン
  2. 職業用ミシン
  3. ロックミシン

それぞれについて特徴を見てみます。

家庭用ミシン

家庭用ミシンの中にも、電動ミシン・電子ミシン・コンピューターミシンという種類があるようです。

電動ミシン

電動ミシンは、基盤などを通さず、電動で直接モーターが動くタイプのミシンです。
針の上下位置や糸調子を自分で調整する必要があります。
スピードがゆっくりだと厚いものを縫うのは難しいようです。

電子ミシン

電子回路で制御されています。電動ミシンよりも高精度のモーターが搭載されているため、低速でも力があって厚手のものが縫いやすいそうです。糸調子、縫い目、模様の調節などの機能がついています。

コンピューターミシン

全ての機能がコンピューター制御されているミシンです。
糸調子の自動調整機能や自動糸通し機能などがあり、模様や刺しゅうなども楽しめます。
ほとんどの操作がボタン式(タッチ式)になっており、初心者にはとても使いやすいミシンです。

職業用ミシン

職業用ミシンは、美しい縫い目にこだわった直線専用のミシンです。パワーと耐久性があるそうです。薄い布地から厚いものまで縫えるので、本格的に洋裁をやっていこうという方には向いているようです。

ロックミシン

ロックミシンは、布の端がほつれないようする「かがり縫い」や、伸縮性のあるニット素材の縫い合わせをするミシンです。
家庭用ミシンでもジグザグ縫いで端の処理はできますが、ロックミシンの方が綺麗で丈夫な仕上がりです。

 

どれを選ぶ・・・?

何を作るか、どのくらいの頻度で使用するかなどによって選び方は変わってくるとは思いますが、自分や家族の洋服や小物を作る程度なら、最初はコンパクトな家庭用ミシンで十分な気がします。

私はもう十年くらい前に買った家庭用ミシンを使っています。今までは雑巾や簡単なバッグくらいで、直線縫いしかしていませんでした^^;
洋服を縫ってみて初めてジグザグ縫いをしました。もうちょっとがんばったらボタンホールまで必要になるかもしれません。厚い布も縫えたほうがいいと思います。それらができるミシンであれば、今回の私が作ったワンピースくらいなら、ちゃんとできました。

本格的な服などを作りたい!という人には職業用ミシン+ロックミシンがおすすめです。値段はちょっと高価ではありますが、これからハンドメイド作家としてたくさん作品を作るぞ!という人には必要ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました